生チョコは湘南生まれ スイーツ&チョコレート三昧



生チョコは湘南生まれ


バレンタインのチョコレートの中でも人気の生チョコですが、

生チョコが生まれたのは日本だってご存知ですか?



生チョコの生みの親は、平塚にあるシルスマリアという

洋菓子店のショコラティエである小林正和さん。



実は、生チョコとは溶かしたチョコレートに生クリームを

あわせたもの。だから、とろけるような口どけが生まれる

んですね(^O^)/



はじめは単に「生チョコ」と呼ばれていましたが、その後

「公園通りの石畳」というすてきな名前がついて、皆に

愛される新製品となったとのことです。



    

    生チョコ発祥の店シルスマリアの生チョコ4種セット



今では、チョコ味のほか、アールグレイやいちご、

ホワイトチョコの4種類があり、このセットなら全部が

楽しめるという訳♪



シルスマリアの本店がある平塚の松風町は、わたしの

大学時代の親友のお家があったところなので、勝手に

親しみを感じています(^^ゞ



チョコレート好きなら、一度は、生チョコ発祥の店の

生チョコを食べてみたいものですね。 


    

    生チョコ発祥の店シルスマリアの生チョコ4種セット





この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/83988299

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。